トリキュラーは避妊効果の他に生理不順の改善などもできる低用量ピルとなっています。しかし、毎日同じ時間に服用しなければ、その効果には期待ができないので注意してください。

トリキュラーに副作用はある?

白い錠剤

トリキュラーには、軽い副作用が生じることもあります。
身体の中を妊娠をしたときと同じような状態にするため、妊娠してつわりを感じるときのようなつらさや、生理痛の時のような不調を感じることはあります。
個人の体質にもよりますので、一時的に不調を感じる人もいれば、まったく不調を感じないこともあります。
また、始めて飲む人であれば、最初は多少の不調を感じやすくなりますが、それは身体が慣れていないからです。
トリキュラーの服用することでの副作用として、初期のころには軽い頭痛を感じることがあります。
でも毎日お薬を飲むことで、だんだんと体内のホルモンのバランスが整うので、頭痛は軽くなって、やがて消えていきます。
食症状で頭痛と同じくらい感じやすいのは、軽い吐き気です。
妊婦さんがつわりで感じるような吐き気であり、お薬を飲んで日数が経過をすれば、だんだんと治まります。
トリキュラーの服用を開始するにあたり、副作用として軽度の吐き気と頭痛は、出てくる確率は高くなります。
しかし軽いものですから、会社を休まなくてはならないくらい、つらい症状にはなりません。
数日で身体の中は、ホルモンの作用に慣れていきますので、無理をしないで穏やかに過ごすといいでしょう。
トリキュラーを飲み始めて体内は、ホルモンの影響を受けることになります。
お薬の効果は飲みはじめたら、じわじわと伝わり始めるので、ホルモンの環境は変わっていきます。
そのため、乳房に張りを感じることもありますし、若干の痛みを感じることも考えられます。
ホルモンの変化によって、場合によっては不正出血を起こすこともあります。
ほかにも副作用で考えられるのは、ニキビが出てくるかもしれません。