トリキュラーは避妊効果の他に生理不順の改善などもできる低用量ピルとなっています。しかし、毎日同じ時間に服用しなければ、その効果には期待ができないので注意してください。

トリキュラーで生理周期をコントロール

丸い錠剤

日本では、避妊法というと、現在でもコンドームが主流です。
しかし、ヨーロッパでは、避妊ピルを使う女性が多いです。
ピルには、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンが含まれています。
ピルを服用すると、妊娠した時と同じような状態になり、排卵が抑えられるため、避妊効果があるのです。
ピルには大きく分けて2つの使用目的があります。
ひとつは、避妊目的で、もうひとつは様々な月経トラブルの改善です。
ピルを服用する場合、人によってリスクを伴うケースもあるので、必ず医師に服用の判断を仰ぐ必要があります。
低用量ピルは、プロゲステロンの種類によって、世代が区分されています。
そして、ホルモンの配合量により、1相性から3相性まで分かれています。
第4世代は、エストロゲンの量も副作用も、以前のものより少ないと言われています。
ピルは、保険が適用されないので、自費診療となります。
ピル自体は、1シート1500円から3000円くらいで購入することができます。
ピルは、避妊だけでなく、月経前症候群の不快な症状の緩和や、子宮内膜症の予防、改善効果など、避妊以外のメリットも多いです。
生理周期をコントロールすることも可能です。
生理前になると、ニキビができると言う女性は多いのですが、ピルにはニキビを改善して美肌へと導く効果も期待できます。
低用量ピルで、日本でも評価が高いのがトリキュラーです。
トリキュラーは、1日1錠服用します。
食前に飲んでも、食後に飲んでも問題はありません。
ただ、飲み忘れを防ぐために、できるだけ同じ時間に服用した方がいいです。
もし、トリキュラーの服用を忘れた場合は、気付いた時点で服用します。
そして、その日の分も普段どおりに服用します。
飲み忘れて24時間以上経った場合は、服用を1週間中止して、他の避妊法に切り替えます。
そして、1週間経ったら、新しいシートのピルを服用します。

人気記事一覧