トリキュラーは避妊効果の他に生理不順の改善などもできる低用量ピルとなっています。しかし、毎日同じ時間に服用しなければ、その効果には期待ができないので注意してください。

白い錠剤と葉

低用量ピルのトリキュラーは避妊効果が高く、生理不順なども改善できることから、現在では多くの女性が利用しています。
病院で処方してもらうこともできますが、最近は薬の通販サイトなどからも簡単に購入できるので、このあたりも普及が進む原因となっています。
ただいくら効果が高いといっても、トリキュラーは毎日服用することによって効果が生まれる薬です。
ですから飲み忘れには十分に注意しなければいけません。
どうしても飲み忘れる可能性が高いという人は、生理が始まった週の日曜日から服用するサンデイタイプのものを服用すれば、シートの変わり目がいつも日曜日となるので薬の管理が容易になります。
ただしこのタイプのものは服用を始めてから2週間は避妊効果がないので、性交渉の際にはコンドームの使用が必要です。
なおトリキュラーを飲み忘れた場合の対処方法ですが、飲み忘れに気付いたのが、本来服用すべき時間から24時間以内である場合はすぐに服用しましょう。
もし24時間以上経過しているのであれば、トリキュラーの効果は失われていますので、またはじめからやり直しです。
次の生理がきてからまた服用するようにしましょう。
ただ避妊目的ではなく、生理不順の改善などを目的に服用している人は、飲み忘れに気がついたあともそのまま服用し続けてかまいません。
飲み忘れた際にコンドームを使用しないで性交渉をしてしまった場合は、妊娠を避けるためにアフターピルを服用したほうがいいのですが、これも24時間以内に服用することが重要です。
このようにトリキュラーは飲み忘れると意味がなくなってしまいます。
毎日のルーティーンになるように、服用する時間を決めておくことが大切です。